LINE@登録で特典プレゼント!! 受け取りはこちらから >>

新品せどりから見る中古せどりの4つメリット・デメリット

中古せどりのメリットせどり全般

せどりと言ってもいろんな手法がありますが、大きく分けると4つの手法に分かれます。

  • 店舗×新品せどり
  • 店舗×中古せどり
  • 電脳×新品せどり
  • 電脳×中古せどり

 

中古せどりというと・・・

店舗×中古

BOOKOFFで本を仕入れたり、HARDOFF、セカンドストリートで家電を仕入れて販売する方法がメジャーです。

電脳×中古

ヤフーオークションなどで出品されている商品を購入して販売する方法です。

 

それぞれのやり方にメリットもデメリットもありますが中古せどりが一番いいと思うのは利益率の高さです。

 

今回は中古せどりの4つメリット・4つのデメリットを紹介していきます。

中古せどりのメリット

利益率が高い

新品に比べると中古は利益率は高いです。これはやはり魅力的です!!

中古だと利益率は30%~40%ぐらい、新品せどりは利益率は15%~20%程度です

新品せどりで25%程度出てるとおいしいなと思う商品でも、中古せどりから見たら利益率が低くなってしまいます。

仕入れが新品に比べ安価

中古せどりの場合は、仕入れの価格も新品に比べ非常に安いです。

仕入れが少なくても利益率がいいので、資金が少ない人でもやりやすくなります。

その分、清掃方法や商品知識は必要となってきます。

 

中古せどりの中でも昔から本せどりは人気です。

100円から仕入れ可能で利益も出せるので、参入しやすいのではないでしょうか。

 

コンディションで価格を変えることができる

新品の場合はコンディションは「新品」または稀に状況によって「ほぼ新品」しかありえません。

中古の場合は、「可」「良い」「非常に良い」のコンディションで出品が可能なので、コンディションで価格設定が変わってきます

 

コンディション価格

コンディション価格

購入者も価格を重視するのか、状態を重視するかで選ぶものも変わってきます。

一般的に人間心理では、中間のものが選びやすいと言われています。

 

もちろんコンディションが良くて利益が多くなるメリットもあります。3コンディションあるので「新品」よりは価格競争が少なくなります。

Amazon本体がいない

新品せどり一番怖いのが、Amazon本体の復活ですが、中古の場合はAmazonの存在をそこまで気にする必要はありません。

例えAmazonがいる商品であってもコンディションが違うので「新品」のような過剰な追従はありません。

新品せどりの場合は、Amazonの復活は絶望的ですが中古せどりの場合は、その点いいところです。

 

Amazonの在庫が復活したときの対処法
リピート商品も扱っていると、アマゾンが本体が復活してくる商品も稀にあります。アマゾンが復活してきた時の対処方法を4つご紹介します。 ライバルの増加と違ってアマゾン本体の復活すると一気に価格崩壊してしまうので早めに動くことが大切です。

 

中古せどりのデメリット

検品に手間がかかる

中古の最大のデメリットは検品に時間がかかることです。

付属品の確認、汚れ、動作確認等、手間がかかってしまいます

本の場合であると、書き込みがないかも確認しないといけないです。その分検品に時間がかかってしまいます。

1点ものの仕入れになる

中古場合、1点ものを仕入れことが多いです。

売れ筋商品だからと言って新品のように大量購入ができません。

中古の場合は、供給量が少ないので縦に詰めないことがデメリットの一つです。

販売スピードが遅い

商品によって一概にも言えないですが、全体をみれば新品よりは回転スピードは遅いです。

1カ月に30個、50個と中古が売れることはありません。

 

1カ月に何個も売るというよりは、1商品でしっかり利益をとっていくのが中古せどりです。

回転が遅い分、キャッシュフローが悪くなりやすいので注意が必要です。

 

クレームが多い

新品に比べれると、クレームは多いです。

付属品の有無、思っていた以上に商品状況が悪かったなどがあります。

中古の場合は、コンディションと一緒に写真を載せることができるので出品する商品写真、商品説明をしっかり記入することが大事になってきます。

アマゾン販売でクレームはくるのか
アマゾンで販売していると不安になることってありますよね。アカウント停止、真贋(しんがん)調査、クレーム。ビジネスをしていく上で、リスクは付きものなのでうまく付き合っていかなければなりません。 では、実際販売しているとクレームがあるかどうかをお話していきます。

 

【番外】なぜ新品を扱っているのに中古せどりのことを書くのか

新品×中古せどりはバランスがとてもいいからです。

 

新品せどりと中古せどりのメリット・デメリットを見ると、実は2つは全く正反対にいます

利益率仕入れ金仕入れ量検品回転Amazonクレーム
新品低い高い縦積早い怖い少ない
中古高い安い1点もの手間遅い怖くない多い

 

新品には利益率が低いけど回転はいい

中古は利益率高いけど回転は悪い

 

 

お互いにデメリットがあるのでそれを補うために、正反対のものを取り入れるとバランスがうまくいきます。

販売の考え方が違うので一緒に取り扱うのが難しいですが、新品で回転させつつ、中古でしっかり利益をとっていくハイブリット新品中古せどりができるととてもいいのではないかと考えています。

 

まだ取り入れてないですが、今後やっていくことになったら続報を書きます。

まとめ

中古せどりのメリットは4つです。

  • 利益率が高い
  • 仕入れが新品に比べ安価
  • コンディションで価格をかえることができる
  • Amazon本体がいない

中古せどりのデメリットは4つ

  • 検品に時間がかかる
  • 1点ものの仕入れにある
  • 販売スピードが遅い
  • クレームが多い

中古せどりの一番のメリットは利益率が高いことです。

検品や出品情報を書いたり出品までの手間はかかりますが、仕入れ新品よりも安価、利益率が高いとメリットもあります。

少額から始めて資金を増やしていくのであれば、中古せどりで利益率のいいものを狙っていくのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました