LINE@登録で特典プレゼント!! 受け取りはこちらから >>

食品せどりで軽減税率設定をする2つの理由

軽減税率設定する理由食品せどり
スポンサーリンク

Amazonで食品を販売している人は軽減税率設定してますか。

軽減税率は2019年10月に消費税増税とともに設定され

食品セラーの中では話題になったのですが、そのあとに参入してきた食品セラーさんはあんまりしていないみたいですね。

 

先日Twitterでタックスコード(軽減税率)の設定についてつぶやいたら

結構知らない人が多くてビックリしました。

 

 

ここでは軽減税率の設定をなぜしないといけないのかについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

Amazonセラーセントラルでの軽減税率の設定方法

設定方法はAmazonからPDFがでているので見ながらやってみてください。

 

簡単に説明すると

  1. 在庫画面で商品の写真をクリック
  2. 商品情報を選択
  3. 一番下にあるタックスコードを
    A_GEN_STANDARD(10%)→ A_GEN_REDUCED(軽減税率8%)

この手順で変更できます。

 

また商品が多い場合は、一括登録も可能ですのでマニュアル参考にしてください。

商品タックスコードの設定方法 (Amazon公式)

 

なぜ軽減税率(タックスコード)を変更するのか

タックスコードを変更すると何かいいことあるんですか。

タックスコードを設定する理由は2つあります。

1つは商品代金のこと

2つ目は税金のことです。

商品代金と税金ですか。よくわからないですね。

1つづつ説明していきますね。

タックスコードを変更する理由①商品代金について

Amazonの販売価格は税込み価格の金額になっています。

 

なので販売している側から見るとあんまり関係ないように見えてしまいます。

しかしお客さん側から見ると大きく変わってきてしまうんですね。

 

少し例を出してみます。

 

①軽減税率設定をした

消費税が8%で2200円の商品があった場合

商品代金は2037円、消費税は163円です。

 

①軽減税率設定をし忘れた

消費税が10%で2200円の商品があった場合

商品代金は2000円、消費税は200円です。

 

もし食品なのに軽減税率設定をしていない場合

軽減税率適応されてないよね。

商品代金2000円だから消費税は160円でしょう!

この商品2160円の間違いだから返金してよ!!

 

このようなクレームになってしまいます。

 

残念ながらこの場合、Amazonサポートは間に入ってもらえません。(確認済)

対応としては、自社で領収書の発行と返金対応が必要になってきます。

 

対応だけでもかなり時間がかかってしまうので、必ず設定するようにしましょう。

 

タックスコードを変更する理由②税金について

次は税金についてです。先ほど使った例でお話していきます。

 

消費税が10%で2200円の商品があった場合

商品代金は2000円、消費税は200円です。

 

この消費税はお客様から先に預かり、のちに消費税として国に納めます。

 

なので、軽減税率設定をしていない場合は多く支払わないといけません。

 

仮に月の販売額が100万円だったと考えた場合

10%の場合、消費税10万円

8%の場合、消費税8万円

 

仕入れはすべて軽減税率が適応されてるので70万円の場合、消費税は5.6万円

10%の場合、10万ー5.6万=4.4万円

8%の場合、8万ー5.6万=2.4万円

 

1カ月で2万円、年間で計算すると24万円も多く支払わなければいけません。

 

かなり大きいですね。なのにあんまり話題にならないのは理由があります。

それは、多くのセラーが免税事業者だからです。

 

免税事業者とは、消費税の納税を免除される事業者のことです。

どちらかに該当している場合は免税事業者となります。

・事業開始後2年以内
・売上高が1,000万円以内

 

多くの人が2年以内なのであんまり話題にならないですね。

 

2年以上たって1000万以上の方はこのブログを読む必要がないぐらいご存じですね。

 

まとめ

設定しないといけないよ

って見たから一応してみたって方も多いのではないでしょうか。

 

軽減税率の設定する2つの理由は

  • お客様から商品代金を2%多く頂戴している(お客様側からの目線)
  • 税金を多く払わなければいけない

 

いずれにしても設定しないとデメリットになることが多いです。

まだ設定していない人は今すぐにでもやりましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました