LINE@登録で特典プレゼント!! 受け取りはこちらから >>

ペット用品せどりの特徴とリサーチ方法

ペットせどりのリサーチ方法リピートせどりについて

ペットと聞くと何が思い浮かびますか。

ワンちゃんやねこちゃん、うさぎが思いつくでしょうか。

Amazonではペット用のエサ、ペット用品などものすごい種類の商品が販売されています。

ペット商品もたくさん販売できますので、ぜひチャレンジしてみてください。

今回はペット用品の特徴とリサーチ方法について解説していきます。

ペットせどりで販売できるもの

ペットせどり3

Amazonのペットカテゴリーを見ると

ペットの種類

犬・猫・熱帯魚・小動物・爬虫類・両性類・鳥・昆虫です。

犬にも、小型犬、中型犬、大型犬

魚でも、錦鯉、熱帯魚、海水魚、淡水魚、めだか

ここから考えるとかなりの種類があります。

 

ペット用品

エサ、サプリ、ゲージ、おもちゃ、爪切り、爪とぎ、ブラシ、家、フィルター、服

他にもありますがペット用品もかなりの種類があります。

 

ペットの種類×ペット用品で考えたら販売できるものは相当数あります。

実際にリサーチするときは、掛け合わせてやってみてください。

ペットせどりの特徴

ペットせどりリサーチ2

ペットせどりは食品せどりに似ているところが多いです。

低単価仕入れ

ペット用品は、300円から1000円ほどで仕入れできるものが多いです。ペットせどりも食品せどりと同じく低単価で仕入れ可能です。

ペットフードで高額なものもありますので、資金を考えながら仕入れていきましょう。

2019年10月から手数料の変更がありました(ペットカテゴリー手数料、15%→8%

 

【食品せどり・ペットせどり】販売手数料変更
10月1日から食品・ペットカテゴリーの販売手数料の変更がありました。今回の販売手数料の改定によって、利益率が少ない消耗品を扱ってる人にとってはチャンスです。重点的にリサーチして利益を増やしていきましょう。

 

高回転

ペット用品は結構売れます。1カ月20個~30個のものが多いですが、月に100個以上売れる商品もあります。

食品はスーパーに買いに行く人も多いですが、ペット用品はネットで注文する人が多いのでしょうか。

リピート

リピートされる商品とリピートされにくい商品があります。

リピートされる商品は、ペットのエサやトイレ用品などです。ペット用品の消耗品はリピートやまとめ買いされます。反対にされにくい商品は、ゲージ、おもちゃです。

やはり消耗品関係はリピート商品が多いです。

大型商品注意

ゲージや、大型動物の用品、ペット用のおむつは大きさの注意が必要です。写真で見ると小さそうな商品でも大型の商品だったり、段ボールに入りきらないような商品も中にはあります。

Amazonのカタログページには、商品サイズの記載があるのでリサーチ時に確認しましょう。

ペット系のおむつやシートは結構大きくて苦労したことがあります。

廃盤品はよく売れる

ペット用品の特徴として廃盤品(生産中止)がよく売れます。ペットフードは以前の商品と同じものが欲しいというお客様が多いです。

ペットは家族の一員、栄養バランスや健康状況を気にされる方が多い印象です。

ペットフードは要期限管理商品で賞味期限があるので注意が必要です。

廃盤品はこちらの記事を参考にしてみてください

 

電脳せどりで廃盤商品をリサーチする方法
電脳せどりで廃盤商品のリサーチ方法、廃盤商品のリサーチのコツを解説しています。電脳せどりは店舗せどりに比べて廃盤商品が難しいです。しかし廃盤商品は利益率が高くて30%以上取れる商品もたくさんあります。廃盤商品の特徴や、リサーチ方法をマスターして販売していきましょう。

 

ペットせどりの注意点

ペットせどりで注意すること

ペットフードは要期限管理商品です。賞味期限があるので、納品時は要期限管理商品として納品しましょう。

ペットフード等の賞味期限は、一般の食品に比べて長い商品が多いです。多くの商品が1年~2年ぐらいです。食品よりも賞味期限に気をつけて仕入れしなくても大丈夫です。

アウトレット商品でペットフードが販売されている場合は、大半賞味期限が短いので注意が必要です。

稀に賞味期限が切れたものを販売しているショップもありますので、あまりにもかけ離れた金額で販売しているショップはしっかり内容をみてから仕入れしましょう。

 

2019年11月8日に賞味期限ラベルについて変更がありました。
今後は、賞味期限ラベルは日本語で賞味期限、使用期限の表示をするように変更されています。

 

ペットせどりのリサーチ方法

ペットせどり4

カテゴリーリサーチ

ペット用品は、Amazonページのサブカテゴリーからリサーチしていくのが一番早くリサーチできます。

各ペットのペット用品を1カテゴリーづつリサーチをかけていく方法です。慣れるまでは、全部やる気持ちでやっていくといいです。慣れてくるとどのジャンルのどの商品が取りやすくなるか分かってきます。

キーワードリサーチ

季節商品をリサーチしたいときはキーワードリサーチが有効的です。

もうすぐ冬なので、「ぽかぽか・あったか、ヒーター、ホット、マット」のキーワードでリサーチをかけていきます。

ペット用品は、OEM(オリジナル商品)セラーも多いので、そこからキーワードを抜き出してリスト化してリサーチかけていく方法もあります。

OEMセラーさんは、キーワード設定に詳しいので拝借させていただいてリサーチかけていきます。

OEMセラーさんの商品は相乗り販売できないので、わんちゃんやねこちゃんが写真に乗っている商品はリサーチ対象から外しましょう。

メーカーリサーチ

慣れてきたい人向けのリサーチ方法です。

ペット用品の場合、Amazon本体が出品を占めているメーカー、あんまり出品していないメーカー、全然出品がないメーカーと特徴がつかめてきます。

Amazon本体がいないメーカーがあったら、メーカーを中心にリサーチしてみるとそのメーカーの商品ががっぽり取れることがあります。

自己発送者リサーチ

こちらも慣れてきた人向けのリサーチ方法です。

ペット用品は自己発送セラーさんも多いです。自己発送しかない商品もまだまだあります。カタログページを作成する自己発送セラーさんもいるので見つけたらリスト化して定期的にリサーチしていきましょう。

まとめ

今回はペット用品の特徴とリサーチ方法について解説していきました。

ペット用品は食品と変わりがほとんどないのでまずカタログを見て慣れていくことが大事です。

Amazonではペット用のエサ、ペット用品などものすごい種類の商品が販売されています。

今は手数料の改定の恩恵も今はあるのでチャンスなジャンルです。

ペット商品もたくさん販売できますので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました