LINE@登録で特典プレゼント!! 受け取りはこちらから >>

【食品せどり・ペットせどり】販売手数料変更

販売手数料変更食品せどり
スポンサーリンク

2019年9月から10月にアマゾンで大きな動きがあり、ちょっとバタバタしてしまいましたがようやく落ち着いてきました。

大きな動きとしては

  • 低価格商品(2000円以下)のカードボックスのアルゴリズムの変更
  • 軽減税率導入
  • キャッシュレスの還元
  • 食品・ペットカテゴリーの販売手数料の変更

大きな動きとしてはこんなところでしょう。

10月1日から1400円以下の食品ペット商品の手数料が8%に変わったことは、消耗品せどりの私としては非常に嬉しい変更となってます

 

スポンサーリンク

食品ペットのカテゴリーの手数料変更について

ペットカテゴリー手数料、15%→8%

食品カテゴリーは手数料が10%→8%

 

今回の販売手数料の改定によって、利益率が少ない消耗品を扱ってる人にとっては大きく変わってきます。

例えば今まで150円しか利益が出なくて仕入れ対象外だった商品も、利益が200以上となり仕入れ対象として販売することが可能です。この改定は大きいですね。

ぜひこのチャンスを生かしてどんどんと利益を上げていきましょう。

 

消費税増税後のカードボックス価格変更について

アマゾンの販売価格は消費税込みの値段になってますの。

消費税が増税になったときに通常なら商品価格に反映させないといけないです。もちろんアマゾンからお知らせもありましたね。

では実際に増税分をカード価格のが反映されたかと言うとアマゾンのシステム上は基本的には難しいです。

アマゾンのカートは最安値が獲得し、さらに他のセラーは価格改定ツールを使って、最安値に合わせてしまいます。

なので自分だけ増税分を上げても、結局カード価格は上がらずにそのままの価格をキープしてしまいます。今回の増消費税増税に合わせてカード価格を合わせるのはできません。

もしカード価格をあげるのであれば自分だけカート価格を上げて最安値が売れるのを待つしかありません。もちろんカートが取れないので売れ行きが悪くなってしまいます。

2ヶ月~3ヶ月経つと仕入れ価格も上がってくるので2ヶ月後位には価格が反映されてくると思うので少しの間は辛抱して販売し続けるしかありません

今後増税の際は、アマゾンが一斉にシステム上で2%上げるかまたは全国のセラーが同時に2%反映させない限りは、価格に反映させるのは難しいでしょうね。

まとめ

今回の増税も合わせて食品とペットカテゴリーは手数料が8%になりました。

これは非常に利益を上げるチャンスなので消耗品を使っている人はできるだけ、重点的にリサーチしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました